TOP
43.32score

柚水斗か

お盆の時期に、思うこと。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

お盆と言えば、亡くなった方がこの世に帰ってくる時期として、画像のように死者のために乗り物を準備をします。
私の父方の祖母も、祖父が亡くなったあと、お盆の時期に作っていたのを何度か見たことがあります。あるお盆の時期に、祖母の家に遊びに行き、その帰り、玄関に大きな蜘蛛が出てきました。普段、虫が出るような家ではなかったのと、蜘蛛が苦手なこともあり、もう帰るだけだというのに、泣き叫んでいたら、祖母が、この蜘蛛は、おじいちゃんが来てくれたんやで、と私を慰めてくれたことを思い出します。おじいちゃんが姿を変えて会いに来てくれたのかと嬉しかったのと同時に、それならなんで蜘蛛やねんと思ってました。この記憶自体、うん10年前の話です。今年は、その祖母の初盆です。すごく優しかった祖母と、母方の祖父の初盆が同時なのですが、実際に戻ってきたら、一瞬は怖いと思ってしまうでしょう。ただ、大好きだった二人に会えるのは嬉しいと思うし、泣いてしまうと思います。
お盆の時期だけでなく、いつでも自分の心の中に生き続けていると思えることが、一番だと思います。ご飯を食べながら、お風呂に入りながら、いつでも故人を思い出し、心の中で手をあわせるようにしましょう。

.

最終更新日:2017-08-10 23:08

コメント (0)