TOP
38.38score

柚水斗か

夏バテの対策について。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

高温多湿になる夏に体が対応できなくなり、何となく体調が悪くなったり、食欲が出なくなるといった症状が出るのが夏バテです。

暑い外から、クーラーの冷気で冷えた室内に入るとそれだけで体力が消耗してしまいます。その激しい温度差は夏バテの原因になります。エアコンの効いた部屋にずっといることで自律神経がうまく働かなくなり、その変調により、胃腸や全身の不調を招くとも言われています。

また、熱帯夜による不眠も夏バテの要因の一つです。エアコンを付けたまま寝ていてもタイマーが切れた瞬間に目が覚めてしまう人もいるでしょう。室外機などが密集し、夜でも外気が下がらずそのせいで寝付けない寝苦しいという人はいると思います。
食欲もなく眠れないとなるとそれだけで疲れがたまってしまうでしょう。

食欲が無いとなると、たくさんの量を食べることは難しいと思います。それならば、量よりも質を選びましょう。たくさん食べるのではなく、栄養価の高い物を重点的に摂取するようにします。
疲労回復に効果的とされているのは玄米や豚肉、ウナギなどです。良質なたんぱく質、高エネルギー、高ビタミンの食材を取り入れましょう。

エアコンの温度も低すぎると自律神経の乱れに繋がりますので、こまめな調整が必要になります。外気との差がありすぎるとそれだけで体力が消耗されてしまいます。
睡眠の質も重要です。暑くて眠れないなら、寝具などをヒンヤリとするも寝に帰るなど、枕の代わりに氷枕を利用するなどの工夫をしてみると良いと思います。また、お

風呂もシャワーで済ますのではなく、ぬるめのお湯に浸かり、溜まった疲れを取るようにすれば、夜の暑さでもぐっすり眠れるでしょう。

夏は暑くて嫌だという人も多いと思います。しかし、日が長くだからこそプールや海水浴などの楽しいイベントがあり、夏バテや熱中症の正しい知識があれば楽しく過ごせる季節だと思います。体調不良に負けずに夏を楽しみたいですね。

.

最終更新日:2017-07-27 12:48

コメント (0)